つくる 2015-11-03

Uchila特製!星空ヨガvol.2 「ミネストローネ」&「ジンジャエール」の作り方

img_1

はじめまして!
星空ヨガで、ご飯担当をさせていただいたフードドリンクユニットの「Uchila(うちら)」です。

星…はちょっと見れませんでしたが、急に寒くなったり、季節の変わり目で崩れがちな身体と心もスッキリしましたね!せっかく温まった身体を冷やしては勿体ないので、ヨガ後にみんなで食べたポカポカご飯。
今回参加されなかった皆さんも、是非お家で作ってみてくださいね♡

pBMfAUVD

Uchila

「思わず笑顔になっちゃう美味しい時間を届けます。」をコンセプトに移動式フードドリンクユニットとして活動中。イベントへのごはん・ドリンクのケータリングのほか、自分たちで料理のワークショップも開催しています。

WebSite / Facebook

秋野菜のミネストローネ

img_2

好きな食材をたっぷり入れて、自分好みの一品に!材料の分量はお好きなものをお好きなだけ、料理があまり得意でなくても簡単においしく作れる、絶品スープです♪
是非試してみてくださいー!

■ 材料

野菜(好きなものをたっぷり!)

  • オリーブオイル
  • 生姜
  • ニンニク
  • きのこ
  • ゴボウ
  • 大豆

その他の材料

  • ベジブロス *
  • トマトペースト : 水1Lに対して1/2缶
  • 塩&胡椒 : お好み

* 使う鍋3/2位に水を入れて、野菜類を入れた水位が縁から3㎝くらいあれば大丈夫です。

■ 作り方

1 | 生姜・ニンニクはみじん切り。その他のお野菜は食べやすい大きさに切ります。
2 | オリーブオイルと、先程みじん切りにした生姜・ニンニクを入れて炒めます。(ココを省かないことで、風味がグッと増しますよ!)
3 | 根菜類(ゴボウ)→葉物類(きのこ)→豆類(大豆)の順番でよく炒め、なじませます。
4 | 野菜がかぶるくらいのベジブロス(※お水でもOK!)とトマトペーストを加え、塩・胡椒で味を調整します。
5 | 弱火でコトコトじっくり煮込み、野菜が気持ちよさそうにクタッとしたら火を止めます。(キャベツの芯を食べてみて、甘く柔らかくなったら食べごろの目安です!)
6 | 完成!

LET’S TRY!

「ベジブロスって知ってる?」
ベジブロスとは、普段は捨ててしまう野菜くずを煮出してとる、天然のダシです。なんと、栄養素とおいしさがたっぷり詰まっているのです!
玉ねぎの皮・セロリの葉・生姜の皮・人参の皮etc…お水と一緒に弱火でぐつぐつ煮込んで作ります。スープや味噌汁、カレーなどの煮込み料理に使っちゃお!

ぽかぽかジンジャーシロップ

img_3

本物の生姜を使った、ジンジャーエールの元。
一口で足先からポカポカしてきます。お湯割りにすれば、寝起きにもピッタリ。

■ 材料

コップ 約10杯分

  • 生姜 : 500g
  • お砂糖(黒糖でも◎): 500g
  • お水 : 600ml
  • レモン絞り汁 : 1/2個分
  • シナモンスティック : 1本

■ 作り方

1 | よく洗った生姜を「皮付きのまま」1mm程度にスライスしていきます。
2 | よく晴れた日に重ならないように生姜を並べます。2日間直射日光の当たる場所で生姜がカラカラになるまで天日干しします。
3 | カラカラになった生姜・砂糖・シナモン・お水を鍋に入れ、沸騰させます。
4 | グツグツしてきたら、蓋をして弱火で30分煮込みます。
5 | 生姜が透き通ってきたら、火を止めて。レモンをぎゅーっと絞ります。
6 | 冷やしたら、完成!
※ シロップは冷蔵庫で2週間ほど保存できます。

LET’S TRY!!

生姜は”身体を温める食べ物”として有名ですが、生の生姜は逆に身体を冷やしてしまうことをご存知でしょうか?そこで生姜を2日かけてカラカラに乾燥させることで、ぽかぽか食材へと変身させることができるのです!
ちょっと手間はかかりますが、この秋冬は「冷え知らずちゃん」になりましょ♡

おわりに

今回のご飯で使った生姜は、Uchilaが宮崎県で収穫してきた無農薬生姜です!生姜って土の中で育つのですが、葉っぱがワサワサ生えててかなり大きな塊なんです。すごいですよね!!

「私も採れたて生姜が欲しいっ!冷え知らずちゃんになりたい!」場合は、Uchilaまでご連絡ください。

活動状況はFacebookページで随時更新中♡

———– Special Thanks,,,♩———–
思わず笑顔になっちゃう美味しい時間を届けます。
フードドリンクユニット「Uchila」
WebSite / Facebookページ

2015-11-03つくる
この記事を書いた人
きんぎょ女子

きんぎょ女子

クリエイター女子の"日常をちょっぴりハッピーに"する情報をお届けします◎ ただいま一緒にメディアを盛り上げてくれる、記事寄稿を募集中!→ info@kingyojoshi.com

Prev :

Next :